紅はるかのしっとりケーキ

こんにちはルーシーです。ここ数日は夏に逆戻りかのように昼間は蒸し暑い陽気ですが、この時期つい身体を冷やしてしまいがち。そんな時に風邪を引いたり腰痛も起こったりするので油断大敵です。特に明方は気温が下がりますから気をつけたいものです。

今日のような暑さの中、身体を温めながらもひんやりするのは冷たい豆乳チャイ。インドから直輸入の紅茶ハージマハールとシナモン、カルダモン、そして国産生姜のすりおろし、ブラックペバーときび砂糖でほんのり甘く仕上げました。

1cup:350en

そして先週から販売しております紅はるかのしっとりケーキが好評頂いております。自然栽培のサツマイモ、紅はるかを焼き芋にして生地に練り込み、トッピングにはレモン煮の角切りを散らして、まさにお芋祭りのパウンドです。特に紅はるかは乳酸菌との相性がよく、腸内フローラを増やしてくれるというデータもあります。ということは、ハニグルと一緒に食べると最強ののコンビになるわけですね。バターはニュージーランド産のグラスフェッドバターを使用しておりますので身体に優しく美味しい、Lucyのおやつの基本です。

紅はるかのしっとりケーキ
紅はるかのしっとりケーキ
1p:200en

“紅はるかのしっとりケーキ” への2件の返信

  1. 開封した瞬間にひろがる幸せの香り、
    そしてモッチもちの弾力が口の中で踊ります。
    紅はるかのケーキ、ほんとにしっとり美味しいです!
    身も心も優しく包んでくれるおやつですネ。
    Black coffeeとの相性も良かったですヨ。 

    1. cy_2さま
      いつもありがとうございます!
      紅はるかのケーキ、お気に召していただけて嬉しいです。お芋の中でも紅はるかは蒸しても焼いても、ねっとりとしたモチモチ感があって私も大好きなんです。お芋はGI値も低く、身体に優しいですしね。
      色々アレンジができて楽しい食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です