紅玉リンゴできました!

こんにちはルーシーです。

今日は少し寒さが緩んだ小春日和でしたね。なんやかんやで今年もあとひと月を切りました。そしてルーシーもおかげさまでもうすぐ1周年!ひとえに皆様のご支援とご愛顧の賜物と感謝しております。そこでルーシーからちょっぴりプレゼント。お買上げ頂いたお客様にマドレーヌをひとつプレゼントしています。その時によって、米粉だったり小麦粉だったりしますがバターはグラスフェッドバターを卵も使用していますので、アレルギーの方はごめんなさい。お許しくださいね。

マドレーヌプレゼント中
マドレーヌプレゼント中

奇跡のリンゴ(紅玉)

さて、大好評の「奇跡のりんご」昴林は残りわずかとなりました。次入荷の予定は今のところありませんので昴林はこれが最後かも…そんな中、紅玉が入荷しまして、かわいいピンクのコンフィチュールができました!自然栽培なので安心して皮も一緒にコトコト煮込んで赤い色が出ましたよ、黒いツブツブはバニラビーンズです。昴林より酸味がありますので、なんだか昔のりんごの味がします。自然栽培の野菜も同じなのですが、忘れかけてた昔の野菜の味、甘味や旨味、香りがするんです。この機会に滅多に入手できない木村秋則さんのりんごで作ったコンフィチュールを是非お試しください。

紅玉リンゴコンフィチュール
紅玉リンゴコンフィチュール

s:650en   L:1200en

 

 

奇跡のリンゴ

こんにちはルーシーです。

冬の訪れは急速に一雨ごとに寒さが増してきます。身体を冷やさないよう、そして毒素の排出のために朝の舌磨きと白湯、ぜひ皆様もお試し下さい1日がとてもスムーズに展開しますよ。

さて、いよいよ木村秋則さんのリンゴが登場です。

今回は昴林という品種、以前は地元や会員の方にしか出回らなかった奇跡のリンゴが自由が丘にオープンした「木村秋則 自然栽培の仲間たち」さんで購入できるようになりました。リンゴというとよくコンビに使われるのがシナモンなのですが、Lucyでは敢えて使わず、ラムレーズンを漬けたラム酒とバニラビーンズでリンゴの香りとマッチするようにしています。リンゴとバニラの幸せな香りとでも申しましょうか?それはそれはドリーミーな気分にしてくれる瞬間です。バターを塗ったパンにもとても相性が良いかと!

なかなかお店にも入荷予定が定まらないそうです、Lucyでもこのコンフィチュールは今あるだけ。ぜひ一度お試しください。

奇跡のリンゴコンフィチュールS:650en L:1200en
奇跡のリンゴコンフィチュール
S:650en L:1200en

バラとリンゴの季節

こんにちはルーシーです。ルーシーの庭に前からあるピエール・ドロンサールという名前のバラは春に思い切り咲いたせいで秋には勢いがなくなっているのですが、今年新たにミニバラのアンティークローズ系のブルーオベイションとグリーンアイスをお店の脇に植えました。どちらも花の色が変化していく変わった品種です。朝晩と日中の寒暖差が大きい晩秋にはより花の色が濃くなり小さいながらも次々咲いてくれています。

グリーンアイス
グリーンアイス

さて秋も深まりルーシーの庭も収穫の秋、かぼちゃに柿にトマト⁈そしてマイヤーレモンも色づき始めました。そして待ちに待ったリンゴの季節、あの映画で有名な木村さんの農園で作られた奇跡のりんごがついに入荷しました!もうじき美味しいコンフィチュールになって登場しますよ。

かぼちゃと柿とトマト
かぼちゃと柿とトマト
奇跡のリンゴ
奇跡のリンゴ

 

白いコスモス

こんにちはルーシーです。ずっと止まない大雨にどうなることやらとハラハラしてましたが、そんな大雨にも負けずに、お店の前に蒔いたコスモスの種がついに花を咲かせました!

以前横須賀にある花の国に行った際にコスモスの種を買ってきたもので、今年の8月、少し涼しくなった頃に店前のほんの少しの土スペースに蒔いたのです。その後順調に芽が出て細いながらも蕾を付けたところでアブラムシに食べられ、敢え無く第1段の花は見れなかったのですが、米のとぎ汁作戦でアブラムシは退治、健気にまた蕾をつけたのでした。

コスモスというとピンクというイメージですが、咲いたのはなんと白!小さくて可憐な姿カタチにその白い色も潔くて愛おしくてなりません。毎朝話しかけて応援してきた甲斐あってのコスモスちゃん、今度はこの子から種をもらいましょう。

白いコスモス
白いコスモス

徳島産自然栽培栗コンフィチュールは

  • こんにちはルーシーです。

秋の長雨がやっと一段落して今朝は眩しいほどの晴天ですね。本日は徳島県のむぎ青空プロジェクトさんから届いた自然栽培栗コンフィチュールのご紹介です。

この栗を剥く作業は本当に難儀なのですが、その甲斐あってとても美味しいコンフィチュールができました。栗100%で他の材料はテン菜糖とラム酒だけ。敢えて栗の食感を残してザクザク、ゴロゴロと栗そのものを楽しめる、もはやコンフィチュールというより栗のスイーツ。こっそり自分用のおやつに隠しておきたい、そんな存在になりそうな予感です

徳島県産自然栽培栗コンフィチュール
S:650en L:1200en

紅はるかのしっとりケーキ

こんにちはルーシーです。ここ数日は夏に逆戻りかのように昼間は蒸し暑い陽気ですが、この時期つい身体を冷やしてしまいがち。そんな時に風邪を引いたり腰痛も起こったりするので油断大敵です。特に明方は気温が下がりますから気をつけたいものです。

今日のような暑さの中、身体を温めながらもひんやりするのは冷たい豆乳チャイ。インドから直輸入の紅茶ハージマハールとシナモン、カルダモン、そして国産生姜のすりおろし、ブラックペバーときび砂糖でほんのり甘く仕上げました。

1cup:350en

そして先週から販売しております紅はるかのしっとりケーキが好評頂いております。自然栽培のサツマイモ、紅はるかを焼き芋にして生地に練り込み、トッピングにはレモン煮の角切りを散らして、まさにお芋祭りのパウンドです。特に紅はるかは乳酸菌との相性がよく、腸内フローラを増やしてくれるというデータもあります。ということは、ハニグルと一緒に食べると最強ののコンビになるわけですね。バターはニュージーランド産のグラスフェッドバターを使用しておりますので身体に優しく美味しい、Lucyのおやつの基本です。

紅はるかのしっとりケーキ
紅はるかのしっとりケーキ
1p:200en

なかよしチャーミーちゃん

こんにちはルーシーです。秋晴れの三連休、お出かけにはもってこいの休日でしたね。そんな中、Lucyではかねてからお取引をお願いしていたソフビ人形チャーミーちゃんが届きました!

チャーミーちゃんとは、葛飾ブランド児玉産業さんが1つ1つ手作りしているソフトビニール人形です。昭和40年代に一世を風靡したその後低迷期を経てイギリスのlapin&meに見出され、今やヨーロッパで大ブームとなっています。

彩色もヨーロッパ好みのパステルシリーズやら昔ながらの原色もの、そしてこの度10/5にlapin&meオリジナルのブロンドヘアチャーミーちゃんが誕生しました。

Lucyでもこれを機にサクラチャーミーちゃんとブロンドチャーミーちゃん、お姉さんのミコちゃんも販売することになり、皆様にご紹介いたします。

なかよしチャーミーちゃん
なかよしチャーミーちゃん

チャーミーちゃん:2160en

ミコちやん:2700en

長十郎

こんにちはルーシーです。

本日はジューシーで爽やかな甘味の梨コンフィチュールが登場。はて、長十郎って人の名前?そこで長十郎の名前の由来を調べてみました。

「長十郎」は100年以上前から栽培されている赤梨です。1893年(明治26年)頃に神奈川県の大師河原村(現川崎市)の梨園で当麻辰次郎氏によって発見され、当麻家の屋号と同じ「長十郎」と名付けられました。

そうか、屋号だったのですね…しかも神奈川県川崎市が本家だったとは驚き。現在では青森県が多くのシェアを占めています。今回の梨コンフィチュールも青森の自然栽培農家さんの梨になります。

果汁たっぷりのみずみずしい梨はお水も加えず短時間で煮詰めるので風味を損なわないうちに出来上がります。少しのシェリーとカルダモンで香り付け、パンやヨーグルトにはもちろん、生ハムとの相性も抜群!おつまみやサンドイッチにも是非お試しください。

梨コンフィチュール
梨コンフィチュール
S:550en L:850en

 

ルーシーのパッションフルーツ

こんにちはルーシーです。

ルーシーの庭で3年前から育てたパッションフルーツが今年初めて花を咲かせ実をつけたことは以前ブログにも書いた通りですが、せいぜい5〜6個も獲れれば良いかな?くらいに思っていたら、ナンノコッチャない、もう毎日10個くらい落ちてる勢いで、止まることを知らないパッションくん、当然ながら、今お店に並んでいるコンフィチュールは自家栽培の無農薬パッションフルーツです。香りも味も沖縄産と遜色なしの絶品ですので、ぜひ召し上がってみて下さい、今最もおすすめいたします!

東京産パッションフルーツコンフィチュール
s:600en   L:1100en

そんなスグレモノパッションくん、このところの涼しさに、またスイッチが入って花を咲かせ始めました。ルーシーの庭では既に秋の花、ホトトギスや水引なんかが真っ盛りだというのに…(汗)

パッションフルーツの花
パッションフルーツの花

酔芙蓉

東京産パッションフルーツコンフィチュール
s:600en   L:1100en